FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が子のおもちゃ箱 

  • | トラックバック(0)
  • | コメント(0)




  • 良く聞かれる質問がひとつ。

    お子さんのおもちゃは全部木で作ってあげたものですか?



    答えは・・・

     


    やっとお座りができるようになる頃、
    いつも身近に置いていた木のくるまのおもちゃで
    知らず知らずのうちに遊び始めた我が子。

    どうやらタイヤが気になるなしく、歯固めも兼ねてガジガジ噛んだり、
    舐めるのが楽しくて仕方ない様子でした。

    ならば・・・と主人が作った木のおしゃぶりはすぐにお気に入りとなり、
    無くてはならない存在になりました。

    このおししゃぶりくん、本来の役目を卒業した今も、
    太鼓を叩いたり、コロコロ転がしたり、色んな遊び道具になっています。

    そんなこんなで、ちょこちょこと作っては作り与えているうちに、
    木のおもちゃはひとつ、またひとつと増えてきました。


    そして今、くるまがブームの我が子。

    木のくるまは、木のおもちゃ箱に、
    プラスチックのくるまは、プラスチックの籠の中に・・・


    木の温かみは代え難いものがあるけれど、
    プラスチックのおもちゃにも、木にはない面白さがあるので、
    いろいろと選んで揃えてあげています。

    そう、選んで・・・

    質感も大切。
    でも、何を選んであげるかはもっと大切。
    そんな風に思っています。




    当の我が子はどちらが好きというわけではなく、
    その日の気分と想像世界に合ったおもちゃを選んで遊んでいるようです。


    今日は、木のバスと手づくりの布ボールで嬉々として遊んでいたけれど、
    明日はどれを選ぶかは彼次第。


    そんな様子を眺めていたら、
    新しい木のおもちゃのカタチが浮かんで来ました。

    そんな毎日。
    子育ての中にも物づくりのアイデアがいっぱいです。







    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mokurenkoubou.blog69.fc2.com/tb.php/283-caf1f3c1

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。