FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間と物の関係 

  • | トラックバック(0)
  • | コメント(2)




  • 時々、本当に時々なのですが、
    家具や器に傷が付くのを嫌がる方がいらっしゃいます。

    買ったときと同じ、傷一つない状態で使い続けたい・・・と。

    色々な考え方があるけれど、私たちはその傷も味わいの一つだと思っています。



    手が滑って重たい物をゴツンと落としてしまった時にできた円卓の小さな凹み。
    もっと大切に使わないと!っと、小さな喧嘩にまでなったけれど、今では思い出。

    初めて我が家に来た時より、傷も汚れも増えたけれど、
    そのひとつひとつが程好い味わいとなって、
    色艶を増しながら、日に日に素敵になっています。



    良く使うカッティング・ボードはパンやハムを切った時にできた刃物の痕がたくさん。
    でも、その傷は美味しいものを沢山食べた証し。
    きっと、色んな食べ物の艶をもらって、これからもっと美しくなるはず。



    家具に限らず、器もカトラリーも、木のものはみんな、
    使ってからこそ価値があると思っています。

    どんなに綺麗に磨いて仕上げても、使ったことで得た味わいに勝るものはありません。
    沢山の傷も、汚れも、凹みだって、風合いと云う美しい協奏曲を奏で始め、
    物としても深くなり、愛着も日増しに増していく、そう思っています。



    もしかしたら、物も人間も根本的には同じかもしれません。
    傷のない人なんて、いないはず。
    いろんな傷を重ねて、思い出にして、人として深まって行くのだから。


    物を使うことは、人磨きと似ているのかもしれません。
    ひょっとしたら、物の向こう側に、その人の人となりが垣間見れたりして・・・。


    スポンサーサイト

    コメント

    ●かすみさんへ

    雑に使うことと、傷を気にしないことは別ですよね。
    私も使っているうちにできてしまった傷や汚れなどは気にしませんが、
    ものを乱雑に使ったりすることはありません。
    一つ一つが暮らしを豊かにしてくれている
    愛しい道具なので、普段のお手入れも忘れませんよ♪
    そうすることで、愛着もより深くなっていきますしね。

    かすみさんが言う通り、他人様に付けられた傷はショックですね。
    私達も基本的に納品は自分達でしますが、業者さんにお願いするときは、
    傷を付けないように!と口をすっぱくして、何度も念を押します。
    主人曰く、そのときの私の顔はかなり真剣+少々怖いそうです(笑)。
    信用していない訳ではないのですが、
    傷に対する感覚が人それぞれ違う時もあるので・・・

    かすみさんの元へお嫁入りしたお椀、
    どんな風に味わい深くなって行くか楽しみですね。

    むむ。

    こんばんは。
    仕事で随分忙しくしていて久しぶりに来てまとめ読み状態です(汗)
    わたしの場合はやっぱり傷は出来るだけ付けたくないなぁと思う方です。
    というのも、わたしの母親はあんまり手入れをしない人で
    フライパンもコンロもトースターもひどいことになってまして(汗)
    でもわたしも人並みには使いますよ。^^;
    食器も使って飾って使っての繰り返しですね。
    今は中国茶の茶壷を育てるのに夢中ですが。
    さて購入したお椀はどんな風に変わるのかなぁ?楽しみ^^

    自分が使ってつけた愛着ある傷はいいのですが
    他人に付けられると結構腹が立ってしまいます。
    引越しのときに業者に付けられた食器棚の傷を見ると
    未だに悲しくなります。(苦笑)

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mokurenkoubou.blog69.fc2.com/tb.php/238-ffbe623f

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。