FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残暑お見舞い申し上げます 




日中はまだ暑さが残るものの、
朝晩は随分と涼しくなり、
肌寒さで目が覚めることもある最近の霧島。

秋のゆっくりとした足音を感じる今日この頃です。


工房の花壇では、こぼれ種から芽を出した黄花コスモスが満開。
逞しいぐらいに咲き誇っています。

橙色を見ているだけで、心ほっこり温かくなり、
自然と元気が出てくるから不思議です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


プレートSとMが売り切れとなり、ご迷惑お掛けしています。

只今製作中ですが、納期につきましてはお問い合わせください。

なお、ご予約は随時お受けしていますので、
下記のオーダーフォームからご予約ください。

よろしくお願いします。


http://www.geocities.jp/mokuren_kirishima/orderform.htm


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スポンサーサイト

我が子のおもちゃ箱 





良く聞かれる質問がひとつ。

お子さんのおもちゃは全部木で作ってあげたものですか?



答えは・・・

 


やっとお座りができるようになる頃、
いつも身近に置いていた木のくるまのおもちゃで
知らず知らずのうちに遊び始めた我が子。

どうやらタイヤが気になるなしく、歯固めも兼ねてガジガジ噛んだり、
舐めるのが楽しくて仕方ない様子でした。

ならば・・・と主人が作った木のおしゃぶりはすぐにお気に入りとなり、
無くてはならない存在になりました。

このおししゃぶりくん、本来の役目を卒業した今も、
太鼓を叩いたり、コロコロ転がしたり、色んな遊び道具になっています。

そんなこんなで、ちょこちょこと作っては作り与えているうちに、
木のおもちゃはひとつ、またひとつと増えてきました。


そして今、くるまがブームの我が子。

木のくるまは、木のおもちゃ箱に、
プラスチックのくるまは、プラスチックの籠の中に・・・


木の温かみは代え難いものがあるけれど、
プラスチックのおもちゃにも、木にはない面白さがあるので、
いろいろと選んで揃えてあげています。

そう、選んで・・・

質感も大切。
でも、何を選んであげるかはもっと大切。
そんな風に思っています。




当の我が子はどちらが好きというわけではなく、
その日の気分と想像世界に合ったおもちゃを選んで遊んでいるようです。


今日は、木のバスと手づくりの布ボールで嬉々として遊んでいたけれど、
明日はどれを選ぶかは彼次第。


そんな様子を眺めていたら、
新しい木のおもちゃのカタチが浮かんで来ました。

そんな毎日。
子育ての中にも物づくりのアイデアがいっぱいです。







嬉しい再会 




霧島は夏真っ盛り。
力強い夏雲が青空に浮かび、太陽に透ける様子がとても綺麗です。




出会いはきっと三年程前のこと。
福岡の雑誌に載せていただいた記事が切っ掛けで
何度となく工房へお越しいいただいているご家族がいます。

今年の夏もまた元気な笑顔にお会いすることができました。



少し小ぶりなデザートスプーンを使っていた坊ちゃんも
今年は一人前のディナースプーンを新調。

小さかったおててとおくちも大きくなって、
随分立派なお兄ちゃんになったんだね。



かわいいお姉ちゃん二人も、
お母さんが使っているバレッタに憧れて、
自分たちも同じものをこの夏買ってもらっていました。

初めて会った時は、まだ大き過ぎるねっと言っていたバレッタも
綺麗な髪にすっと馴染むようになったのね。



自分たち作った物が、家族の成長を見守り、時間を共にしているようで、
こういう再会は本当に嬉しいものです。


今度会う時は、もっと大きくなっているのかな?



夏の空を仰ぎながら、
物を通じて生まれた素敵な出会いに感謝する私たちでした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。