FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいお便り 





避暑地というイメージの霧島ですが、
ジリジリと肌を刺すような30度を越す真夏日が続いています。

工房へいらっしゃる方も、「霧島も暑いんですね」とポロリ。
それでも、先日まで展示会をしていた鹿児島市内に比べたら、
それはそれは涼しいもの。

エアコンのない我が家では扇風機が活躍する毎日ですが、
朝晩は涼しいので使うことはほとんどありません。

そう考えると、やはり霧島はまだまだ避暑地の域にあるのかもしれませんね。







さて先日、「初めての器セット」をお送りした福岡のお客様から嬉しいお便りが届きました。




先日は素敵な作品をお送頂いてありがとうございました!
最初は、シルバーのスプーンに慣れていた○○は木のスプーンで
食べるのを拒みましたが、次の時には上手に美味しそうに食べていました。
スプーンは計算されているの?と思うくらい小さなお口にピッタリで、
上手に食べられます。またネーム入りがとても良かったです。

あげている私も食べさせ易く、木の質感がとってもよくて大満足でした。
毎日毎食使わせて頂いています。

お皿も大活躍です。
お皿は使っているうちに、油が染み込んだようになりました。
取る方法はありませんか?長く大切に使って行きたいです。

また何か欲しいなぁ。

毎日暑い日々が続きますね。お体大事になさって
ますますのご活躍お祈りしています。
子供の成長楽しみですね。

本当にありがとうございました。


○○←お子さんの名前が書かれていましたが、伏せています。




スプーンは何度も我が子に使って試し、試作も何本も作っているので、
角度は勿論、大きさも丁度良くできていると思います。
○○くんのお口にもぴったりで嬉しいですね。
これから毎日活躍してくれますように・・・


それから・・・、木の器に染みてしまった油や食べ物の色は、
最初こそ気になりますが、段々と味わいに変わって、
本当に素敵な風合いになっていきます。
油や色を取ることを考えず、それらを重ねながら自分のお皿にしていくのだと思うと
使うのが今よりずっと楽しくなってくると思います!




そんなお返事をお送りさせていただきました。


初めこそホームページを通じての顔の見えない偶然の出会いなのですが、
お送りした後に嬉しいメールやお葉書、お使いになっている様子のお写真をいただいたりと、
とても素敵なやり取りに繋がることも多く、嬉しい限りです。

単純に物が行き来するだけでなく、使い手さんの気持ちと作り手の思いが、
物を通じてひとつになれる幸せを感じています。



夏バテしている場合じゃないですね。
今日もこつこつ、物づくり。
その先にある新しい出会いと笑顔のために。


スポンサーサイト

木の器 




「木の器で美味しいパスタが食べたいね」

「サラダが映えるボウルがほしいね」



そんな何気ない会話から生まれたお皿、パスタプレートとサラダボウル。



器はいつも用途を考えて、
そこに盛られる料理を想って作ります。


でも、この料理にはこのお皿・・・ と考えるのも、
このお皿にはこのお料理を・・・ と思うのも、
実はどちらも楽しい!


木の器を使うようになってから、
台所に立つ時間と食卓を囲む時間が増えてきたのは、
偶然ではないようです。



暮らしの中心になる大切な「食」。
体も心も作ってくれる大事な「食」。
「食」は、家族が集う貴重な時間にもなる。



食にまつわる物、空間、時間を大事にすれば、
心はきっと、今よりもずっと豊かになるはず。

忙しいっと言って後回しにしてしまいそうな食だけど、
本当は一番大切にしなくてはいけないものなんじゃないかな。

そんな風に思っています。




某雑誌に載っていた言葉。

お腹を満たすのはおかずの数じゃない。


納得。

食育は何も特別なことではなく、普段の生活の中にあるようです。
心を満たし、そして育ててくれる食こそが一番なのかもしれませんね。


さて、今日は何を作るとしましょうか。

家族の笑顔のために・・・

幼い頃からの物選び 


「初めての器セット」の発送が続いています。

出産祝いやお食い始めのお祝いなど、
大切な記念日の贈り物に選んでいただくことも多く、とても嬉しいです。

先日は、我が子と月齢の近い愛媛のお客様から嬉しいお便りが届きました。

------------------------------------------------------------

器は手にすっぽりと入り、初めて持ったのに不思議と手になじみます。
スプーンは子どもの口に丁度入る大きさですね。
子どもも食べやすいのか、もりもりご飯を食べています。
お腹が一杯になった後はスプーンを取り返してがじがじ噛んで楽しんでます。
歯が生える前から準備してあげていれば良かった。

出産を控えた友人や、無事赤ちゃんを出産した友達がいます。
また、注文させていただきますのでよろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------

色々なご家庭の食卓で、
我が子と同じ位の子が美味しそうに離乳食を食べているのかな・・・
と想像するだけで気持ちがほっこりと和らぎます。


ところで・・・


良く耳にする言葉
まだ小さいから分からないだろうし、何でもいいかな。


そんな気持ちで物選びをするのは悲し過ぎるかもしれません。

幼いからこそ分かる感覚も多く、
大人の想像を超えている事だってあるはず。

器や道具にその子の感性が刻まれて、
美しいと感じる心や記憶は知らず知らずの内に育っていくもの。

私達はそう考えています。

だからこそ、今のこの、言葉がまだ話せない
感情表現だけの時期を大切に育んであげたい。

そう思っています。




今日もまた一セット、関西へ旅立ちました。


みんなの食の記憶が、素敵になりますように!







<初めての器セット>のご紹介のページはこちら

http://www.geocities.jp/mokuren_kirishima/babyset.htm



木のある暮らし展、始まっています 


9日から始まった展示会「木のある暮らし展」も今日で四日目。

新しい出会いも多く、毎日充実した時間を過ごさせていただいています。


会場には、暮らしを豊かにする美しい物を…という
想いで製作した器やカトラリー、クラフトが並んでいます。

ふと足を止め、心惹かれる物に出会っていただけたら嬉しいです。


会期中は、作り手の私たちも会場におりますので、
近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りください。


会場11



会場21





『木のある暮らし展』


日時 2008年7月9日(水)~7月22日(火) 11111111111
9:00~22:00(最終日は16:00まで) 11111 

場所 ドルフィンポート 薩摩工芸館 ℡099-221-5822



■ドルフィンポートの場所はこちらをご覧ください。11111111
http://www.dolphinport.jp/floor/shop02.html11111111111


■展示会のご案内はこちらからどうぞ。1111111111111111
http://www.yamakataya.co.jp/dolphin_satuma/index.htm



木のある暮らし展 2008 


▲展示会お知らせの葉書




今日から鹿児島市の<ドルフィンポート薩摩工芸館>にて展示会を開催しています。

日々の暮らしの中から生まれてきた器やカトラリー達。
毎日が豊かになれば・・・と思い製作しました。
皆様の心に触れることができれば幸いです。

会期中は、作り手の私たちも会場におります。(11~18時頃まで)

家具の展示はありませんが、ご相談等はお受けしております。
ご相談をご希望の場合は、事前にメールもしくはお電話でいらっしゃる日にち
(+大よその時間)をお知らせください。
家具製作担当の主人が、ご予定の日に会場でお待ち申し上げます。



ギャラリーのあるドルフィンポートは、優しい潮風も感じられる素敵なところです。
勿論、桜島も一望できます!
お近くにいらっしゃった際は、是非お立ち寄りくださいませ。
お会いできること、楽しみにしています。




『木のある暮らし展』


日時 2008年7月9日(水)~7月22日(火) 11111111111
9:00~22:00(最終日は16:00まで) 11111 

場所 ドルフィンポート 薩摩工芸館 ℡099-221-5822



■ドルフィンポートの場所はこちらをご覧ください。11111111
http://www.dolphinport.jp/floor/shop02.html11111111111


■展示会のご案内はこちらからどうぞ。1111111111111111
http://www.yamakataya.co.jp/dolphin_satuma/index.htm


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。