スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ 


ホームページ上でもお知らせしていましたが、
今秋より、木工技術指導に出ているため、
日中連絡が取れないことが多くなり、ご迷惑をお掛けしています。

工房に併設している展示室をご覧いただくことはできますが、
都合により、閉めている事もありますので、
事前にお電話にてご確認くださいますようお願いいたします。

なお、Onlineshop でのご注文は以前通りお受けしていますので、
これからもどうぞご利用くださいませ。

ご迷惑お掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

初めての器セット TORIO 


▲ 「初めての器セット TORIO」


SOLD OUT になっていた「初めての器セット」が出来上がりました。

ご予約いただいていましたお客様には順次お送りしていますので、
お届けまでもう暫くお待ちください。

---------------------------------------------------------

お客様のお便りより


初めての器セット、無事届きました!

丁寧なお手紙と一緒に、かわいくラッピングされた手作りの器、
手にするとほっこりあったかい気持ちになりました。

この器セットは、先日赤ちゃんが生まれた後輩にプレゼントするために
注文させていただきました。きっと気に入ってくれると思います♪

私はまだ結婚はしていませんが、いつか子どもが出来た時には
同じものを注文させていただきますね!!

今は、自分用に何か欲しいなぁ。。と思っています^^

ありがとうございました。

---------------------------------------------------------


お客様からいただくお便り、
心の支え、そして、物づくりへのビタミンになっています!

ありがとうございます。

さて、今日もコツコツ、物づくり。

秋の空 



薄白色の雲が泳ぐ綺麗な秋晴れ続きの霧島ですが、
朝晩は、急にグッと冷えるようになり、随分と寒くなってきました。

昨晩からは、「少し早いかな・・・」と思いながらも、
羽毛布団に包まって寝ています。

薪ストーブで暖を取る日も、もうすぐ。



そろそろ、秋山も良いかもしれません。

週末は山へ足を向ける日が多くなりそうです。


日常の器 



我が家の水屋の9割は木の器。
そして、その半数は漆の器。
勿論、全部主人が挽いたもの。

贅沢ですね

そんな風に言われることが多いけれど・・・

自分たちがほしいと思ったからこそ、
挽き始めた木の器だし、
そして何より、
自分たちが作るものを実際使ってみて
初めてその良し悪しが分かると思っているから、
当然として食卓に並んでいます。

勿論、2歳になった息子の飯椀やお皿も木の器。
コップや汁椀は拭漆のもの。

高価だからとかそういう物差しではなく、
五感を擽るような良いものを、
普段の暮らしの中で使っていきたい。

大きく成長した我が子が自分らしい物差しを持つ時、
その土台になるのは、
今この時期に触れた物たちが大きく影響すると思うと、
尚のこと、大切に育みたい価値観なのかもしれません。

本当の贅沢って、
変わることのない美しきものたちに囲まれながら
こつこつと暮らして行くこと・・・なのかな。

そんな風に思う、今日この頃です。

彼岸花 



彼岸花を見ると、思い出すことがひとつ。

ちょうど二年前、
この真っ赤な花が咲き始めた頃。

いつ生まれてくるのだろうかと、
大きなお腹を擦りながら
期待と緊張、そして不安の中、
一日一日を過ごしていた私。

懐かしい。

大きな産声と共に生まれてきた我が子も
もうすぐ二歳。

そして何より、霧島に越してきて、
もうすぐ七年。


本当に月日の経つのって早い。

私はこの毎日を大事に過ごせて来たかな・・・

なんだかそんな風に思ってしまうのは、
秋の澄み切った空を見つめていたから、かな。




残暑お見舞い申し上げます 




日中はまだ暑さが残るものの、
朝晩は随分と涼しくなり、
肌寒さで目が覚めることもある最近の霧島。

秋のゆっくりとした足音を感じる今日この頃です。


工房の花壇では、こぼれ種から芽を出した黄花コスモスが満開。
逞しいぐらいに咲き誇っています。

橙色を見ているだけで、心ほっこり温かくなり、
自然と元気が出てくるから不思議です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


プレートSとMが売り切れとなり、ご迷惑お掛けしています。

只今製作中ですが、納期につきましてはお問い合わせください。

なお、ご予約は随時お受けしていますので、
下記のオーダーフォームからご予約ください。

よろしくお願いします。


http://www.geocities.jp/mokuren_kirishima/orderform.htm


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


我が子のおもちゃ箱 





良く聞かれる質問がひとつ。

お子さんのおもちゃは全部木で作ってあげたものですか?



答えは・・・

 


やっとお座りができるようになる頃、
いつも身近に置いていた木のくるまのおもちゃで
知らず知らずのうちに遊び始めた我が子。

どうやらタイヤが気になるなしく、歯固めも兼ねてガジガジ噛んだり、
舐めるのが楽しくて仕方ない様子でした。

ならば・・・と主人が作った木のおしゃぶりはすぐにお気に入りとなり、
無くてはならない存在になりました。

このおししゃぶりくん、本来の役目を卒業した今も、
太鼓を叩いたり、コロコロ転がしたり、色んな遊び道具になっています。

そんなこんなで、ちょこちょこと作っては作り与えているうちに、
木のおもちゃはひとつ、またひとつと増えてきました。


そして今、くるまがブームの我が子。

木のくるまは、木のおもちゃ箱に、
プラスチックのくるまは、プラスチックの籠の中に・・・


木の温かみは代え難いものがあるけれど、
プラスチックのおもちゃにも、木にはない面白さがあるので、
いろいろと選んで揃えてあげています。

そう、選んで・・・

質感も大切。
でも、何を選んであげるかはもっと大切。
そんな風に思っています。




当の我が子はどちらが好きというわけではなく、
その日の気分と想像世界に合ったおもちゃを選んで遊んでいるようです。


今日は、木のバスと手づくりの布ボールで嬉々として遊んでいたけれど、
明日はどれを選ぶかは彼次第。


そんな様子を眺めていたら、
新しい木のおもちゃのカタチが浮かんで来ました。

そんな毎日。
子育ての中にも物づくりのアイデアがいっぱいです。







嬉しい再会 




霧島は夏真っ盛り。
力強い夏雲が青空に浮かび、太陽に透ける様子がとても綺麗です。




出会いはきっと三年程前のこと。
福岡の雑誌に載せていただいた記事が切っ掛けで
何度となく工房へお越しいいただいているご家族がいます。

今年の夏もまた元気な笑顔にお会いすることができました。



少し小ぶりなデザートスプーンを使っていた坊ちゃんも
今年は一人前のディナースプーンを新調。

小さかったおててとおくちも大きくなって、
随分立派なお兄ちゃんになったんだね。



かわいいお姉ちゃん二人も、
お母さんが使っているバレッタに憧れて、
自分たちも同じものをこの夏買ってもらっていました。

初めて会った時は、まだ大き過ぎるねっと言っていたバレッタも
綺麗な髪にすっと馴染むようになったのね。



自分たち作った物が、家族の成長を見守り、時間を共にしているようで、
こういう再会は本当に嬉しいものです。


今度会う時は、もっと大きくなっているのかな?



夏の空を仰ぎながら、
物を通じて生まれた素敵な出会いに感謝する私たちでした。





赤ちゃんフォーク 




以前からお問い合わせの多かった「赤ちゃんフォーク」が出来上がりました。


小さな手にぴったりサイズの可愛らしいフォーク。

1歳の我が子も毎日食卓で楽しく、
お野菜やお魚を刺してはモグモグ、
果物やデザートもしっかりパクパク、
パスタも上手にクルクルとフォークを回しては
にっこり満足顔で食べています。

保育園にもこのフォークとスプーンを持たせているので、
我が子にとっては、無くてはならないお食事道具になっているのかもしれません。


うちの子に限ってではないと思いますが、
小さい子はスプーンよりも、フォークの方が使っていて楽しいようです。

おそらく、自分でチュックンと食べたい物を刺して
お口に運ぶことが嬉しくて仕方ないのでしょうね。




小さいけれど、頼もしいフォーク、
大人の方はデザートをいただく時などにぴったりのサイズです。





<赤ちゃんフォーク>のご紹介のページはこちら

http://www.geocities.jp/mokuren_kirishima/babyset.htm










お届けして来ました 


今月上旬に二組のお客様に家具の納品がありました。



福岡県のお客さま。

座面をペーパーコードで編んだダイニング・チェアをお届けして来ました。







鹿児島県末吉町のお客さま。

ダイニング・テーブルとチェア、
そして画像には映っていませんがスツールをお届けして来ました。


DSCN7767.jpg

DSCN7764.jpg


DSCN7769.jpg


DSCN7784.jpg




それぞれの家具が、それぞれに新しい家族に迎え入れられ、
素敵な時間を過ごしてくれているようです。

製作中は、使い手さんのことを想い続けて作るのですが、
それはまるで片思いのよう・・・。

お届けした時にいただく喜びの声を聞いて初めて
想いが重なり、物作りの喜びに満ちた気持になるから・・・。





ダイニングチェアのページはこちら
http://www.geocities.jp/mokuren_kirishima/diningcair0809.htm

背中の中心をしっかりと支える、安定感の高い腰高低めにデザイン。
ちょうど着物を着たときに背筋が伸びるのと似たような心地よさを持った椅子です。

座面はペーパーコードで編んでいるのでとても軽く仕上がっています。


そしてシンプルなので色々なテーブルやデスクに合わせることができます。


工房内の展示室にて、この椅子を展示しています。

実際に座り心地を感じていただくこともできますので、
「!」と思った方は、霧島にある「木の工房 木蓮」へお越しくださいませ。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。